膝の痛み 北区口コミ人気NO,1 交通事故治療・産後骨盤矯正・姿勢ゆがみ矯正専門|王子溝田橋整骨院

膝の痛み 北区口コミ人気NO,1 交通事故治療・産後骨盤矯正・姿勢ゆがみ矯正専門|王子溝田橋整骨院

膝の痛み

膝の痛み_04


膝の痛み_06

 ここで一般的多く起こる膝の痛みの代表をご紹介します。

①変形性膝関節症 
関節の軟骨が年齢とともに弾力性を失ううえに、すり減ることで、
関節が変形して膝の痛みが発生します。肥満や遺伝子なども関与
しているほか、骨折、靱帯や半月板損傷などの外傷、化膿性関節炎などの
感染の後遺症として発症することもあります。

女性に多くみられ、高齢者になるほど罹患率は高くなります。
初期では立ち上がり、歩きはじめなど動作の開始時のみに痛みます。
放置しているとやがて正座や階段の昇降が困難となり、ついには歩行が
困難になってしまいます。

②半月板損傷  
半月板は膝関節の大腿骨と脛骨の間にある軟骨のような組織で
クッションの役割を果たしています。そこが損傷してしまうと膝に痛みが生じます。
スポーツなどの怪我から生じる場合と、加齢によりもろくなってしまった結果、
変性する場合があります。

特に加齢の場合、40歳以上ではちょっとした外傷でも半月板損傷が
起こりやすくなっているといえます。

③スポーツによる膝の障害
ランニングやジャンプを長時間繰り返しおこなうことによって膝に痛みが生じてきます。
筋力不足、筋力のアンバランス、骨の成長と筋の伸びとのアンバランス、からだの
柔軟性不足などが挙げられ、練習や環境の問題としては、オーバートレーニング、
選手の体力や技術に合わない練習、不適切な靴、硬すぎたり軟らかすぎる練習場などが
挙げられます。

④カラダのゆがみによる膝の障害
膝を伸ばしたまま、曲げたまま長時間にわたり同じ姿勢でいたり
無理な体勢、例えば正座くずれやお姉さん座りといった膝に大きく負担を
かけるような座り方をしていると動き出しの際に痛みを生じてきます。

足を組んでいたり膝をつくような体勢が多かったりすると徐々に
膝関節がゆがんできてしまいます。

膝の痛み_08
上記に挙げた①~④までの代表的な膝の疾患ですが、
ある共通項があります。 それは、
「筋肉と骨のバランスが崩れてしまっていること」です。

 ケガにより起きるものもありますが、そもそもケガをしてしまう時点で筋肉と骨のバランスが崩れておこってしまうのです。
老化現象による場合でも同じです。
それまでにどういった膝の使い方をしてきたか、手入れをしてきたかによって今後が変わってくるのです。

そう、すべてはバランスを崩したことによるカラダのゆがみから引き起ってきます。

膝の痛み_10
長時間の同じ姿勢を改善しましょう!

同じ姿勢で15分以上いると筋肉が固まってきてしまいます。
こまめに膝の曲げ伸ばしや立ったり座ったりを心がけましょう。
下記のような座り方やストレッチも大変効果的です。

①イスに座っているとき、膝の角度は鈍角にしましょう。
(膝の裏には血管が通っていて、曲げすぎると血の流れが悪くなってしまいます。)

②お風呂上りの体が温まってるときに脚の筋肉をストレッチしましょう。
(ストレッチの時間は1箇所15秒~30秒で、イタ気持ち良いところで息を止めず
深呼吸しながらやります。)

膝の痛み_12


当院の強み 王子溝田端整骨院だからこそできる 当院ならではの強みをご紹介します

ラインでのご登録はこちら
ラインでのご登録はこちら

※ご予約当日キャンセルや変更は他の患者様のご迷惑になるのでご遠慮下さい。

お電話でのお問合せはこちら03-6903-3874
Copyright © 王子溝田橋整骨院. All Rights Reserved.