坐骨神経痛&神経痛 北区口コミ人気NO,1 交通事故治療・産後骨盤矯正・姿勢ゆがみ矯正専門|王子溝田橋整骨院

坐骨神経痛&神経痛 北区口コミ人気NO,1 交通事故治療・産後骨盤矯正・姿勢ゆがみ矯正専門|王子溝田橋整骨院

坐骨神経痛&神経痛

坐骨神経痛&神経痛_02

一時よくなったかな?
と思ったら雨の日や風の強い日に症状が悪化したりとなかなかハッキリしないなんて方が多いです。

 

坐骨神経痛&神経痛_04

腰周りの筋肉に重さ・ダルさが出始め、日増しにハッキリとした「腰の痛み」を自覚し始めたころに腰部に急激な負担(急に立ち上がったり、起き上がったり、重いものを持ち上げたり―等)がかかることで坐骨神経痛はでてきます。

 

基本的にギックリ腰や脊柱管狭窄症、慢性腰痛などの腰痛疾患に伴ってでてくるものです。

腰周り(背部・腰部・臀部)の筋肉が硬くなり血流が落ちることで症状の出る坐骨神経痛ですが、坐骨神経が筋肉により圧迫を受ける場所は決まっています。

上記の位置が坐骨神経絞扼部位(坐骨神経が筋肉によって締められてしまう部分)です。

 

坐骨神経ルートのどの位置で坐骨神経が締められているか把握し適切な対処・治療を早期に行えるかで回復期間が変わってきます。

 

坐骨神経痛&神経痛_06

 

基本的に腰痛疾患に関係しての神経症状ですので、腰周りの痛みや腰から足にかけてのしびれ、神経痛が強く出るような 動作は控えるようにしてください。

 

 またハッキリとした痛みが腰周りにあるようでしたら腰部を温める行為は少し控えた方がいいです。

 

 このとき腰部には「炎症」が起きている状態ですので温めてしまうと炎症が広がり、痛みやしびれが強烈にでることがあります。

 

 どうしても腰周りを温めたいという場合は、温めた後に必ず保冷剤かアイスノンで腰部を冷やすようにしてください。  ※冷やす時間は1~2分で構いません。

 就寝時の体勢では、横向きの姿勢がベストです。

 

症状のない状態ならば「仰向け」の状態が背中に均一に重量と体重がかかるため一番体に負担のかからないのですが、腰周りの症状や坐骨神経痛がある場合では「横向き」の姿勢の方が腰周りの筋肉が緩むため痛みが軽減した状態で眠ることができます。

 

坐骨神経痛&神経痛_08

急な立ち上がりや重いものを持ったりして坐骨神経痛がでた場合は、まず腰部をアイスノンか保冷剤でこまめに冷やしましょう。

 

コルセットがあれば動き出しの際にしっかりと巻いて動くようにしましょう。 夜寝る時はかならず「横向き」で寝るようにしましょう。

※どうしても横向きで寝るのがつらい場合には寝やすい寝方で構いません。

 

坐骨神経痛&神経痛_10

早急に治療を開始するようにしましょう。

4日経って症状が変化しない、だんだんひどくなっているならば「自然治癒能力」が効いていません。

日を追うことに悪化する可能性が大きいです。

早急に対処しましょう。

 

坐骨神経痛&神経痛_12

坐骨神経痛は一度、完全に症状が引いてしまえば早々でることはありません。

 

しかし、坐骨神経痛を引き起こすそもそもの原因が、悪い姿勢と日常生活動作、社会的ストレスによる筋肉疲労ですので その根本原因を取り除かない限りは、クセになる可能性は高いです。

 

坐骨神経痛&神経痛_14

坐骨神経痛を改善するには、坐骨神経痛がでにくい体、つまり筋肉の負担がかかりずらい体をつくらなければいけません。

 

それが「ゴールデンライン」です。

 

「ゴールデンライン」は、耳の穴・肩(肩峰)・大転子・外くるぶしを一直線に結んだ線をいいます。

体の姿勢がこの線上にあることで、筋肉の疲労が分散され、疲れが出にくい体になります。

 

このゴールデンラインに近い体を早急に手に入れたいなら「姿勢ゆがみ矯正」でまずは正しい体のベースを作っていきましょう!

 

「ゴールデンライン」に近いボディラインが自然と保てるようになれば、多少体に無理がかかっても自然治癒能力により素早く回復できる理想的な体が手に入ります。


当院の強み 王子溝田端整骨院だからこそできる 当院ならではの強みをご紹介します

ラインでのご登録はこちら
ラインでのご登録はこちら

※ご予約当日キャンセルや変更は他の患者様のご迷惑になるのでご遠慮下さい。

お電話でのお問合せはこちら03-6903-3874
Copyright © 王子溝田橋整骨院. All Rights Reserved.